報告・リポート

飛島村北拠点避難所(仮称)

投稿日:2015年2月28日 更新日:

2月27日、全員協議会において飛島村北避難所(旧小学校跡地)の建設工事実施設計のついて説明があった。

この避難所は三福、大宝に続き、新規避難所の建物としては3番目ということになる。この避難所が他の避難所と違う点は「福祉避難所」の役割を持つというところにある。
福祉避難所とは津波などの災害で緊急的に最寄りの避難所に避難したあと、避難所生活が長引く場合に災害弱者(老人、病人、障がい者、けが人など)一般的な避難所での生活が困難な人にこの場所に移動してもらい避難生活をしてもらうためのもの。そのために他の避難所にないスロープも設置する計画になっている。また、20トンの飲料水が確保できる耐震貯水槽も設置が予定されている。敷地面積約16,700㎡。建築面積約940㎡。鉄骨3階建て。一時避難の場合は600人収容。避難生活時には300人収容となっている。村は概算の見積りを約10億円と見込んでいるとのこと。建設予定は平成27年度中。

-報告・リポート

Copyright© 加藤光彦の政治活動報告「とびっくす」 , 2020 All Rights Reserved.