意見・主張

「子育てに」ついて私の思うこと

投稿日:2020年2月12日 更新日:

 現代社会は核家族化の進展、共働き家庭の増加など子育ての環境は昔と比較してお母さんにかかる負担が増していると思います。「孤育て」という表現がされるほど相談する人もなく、不安とストレスの日々を過ごしておられるお母さんが少なからずいると思われます。

村内には「子育て支援センター」があり、多くの問題はそこで解決できると思いますが、その施設に来られずに悩んでおられる方もあるかと思います。そういった方には訪問型支援という方法をとっていくべきだと考えます。ライフスタイルが多様化するなか、保護者や家庭の状況に合わせたきめ細かい対応が必要な時代になっていると感じています。

 子育ては子どもの人格や将来に直結する重要な行為です。保護者のお父さんお母さんがお子さんにどう接するかによってお子さんの人生が変わると言っても過言ではないと思います。笑顔でスキンシップを図ることが、穏やかで素直なお子さんの成長につながると思います。行政としてはお父さんお母さんがゆとりを持って子育てできるように相談できる場所、並びに子育てに関する学びの場所の提供、加えて保護者がリフレッシュできる機会を増やしていくことが求められていると思います。

子育てについて興味深い記事がありましたので以下に紹介させてもらいます。

子育て心理学の研究で分かっているのは、

  • ご褒美よりも、ほめることの方が大事
  • 100点よりも、頑張ったこと、集中できたことの方が大事
  • 高価なおもちゃよりも、抱っこや笑顔などの温かみが大事ということ。

どれも大事だとされるのは、物質的ではないものばかり。物が豊富なゆえに起こしがちな錯覚こそ、現代育児で気をつけなくてはいけないポイントですね。

#飛島村

#子育て

-意見・主張

Copyright© 加藤光彦の政治活動報告「とびっくす」 , 2020 All Rights Reserved.