報告・リポート

飛島学園行政視察受け入れ

投稿日:

 2月1日、知多郡美浜町議会文教厚生常任委員会の皆さん7名が行政視察のため本村に来られた。研修事項は小中一貫教育校「飛島学園」について。美浜町の議員さんからは終始熱心に質問が続いた。

これまでにも飛島学園に視察に来られた市町村議会は多いが、それぞれの市町村にとって人口減少問題や社会情勢の変化に伴い、教育施策に対する関心の高さが伺えた。

飛島学園が開校して早くも6年目ということになるが、小中一貫教育についての成果はなかなかわかりにくい。授業や行事で1年生から9年生までの交流など客間的に見てとれる部分は成果が感覚的に感じることができる。

しかし、学力に関しては子供たちが小中一貫教育によって成績が上がったかどうかということはわかりにくい。小6と中3で行う全国学力テストにおいて成績が良かった場合、また、成績が他校と変わらない場合、たまたまその学年は優秀であったり、そうでなかったりという理由付けもできてしまう。全校的に学力が高い状況が安定的に持続した場合に初めて、小中一貫教育の学力面での成果が確認されるということになるのではないか。

ただ、間違いなく言えることは飛島学園の子供たちは勉強に集中できる環境が整っているためか性格的に落ち着いている。これも成果の一つであると思う。

-報告・リポート

Copyright© 加藤光彦の政治活動報告「とびっくす」 , 2020 All Rights Reserved.