意見・主張

飛島村の中学生海外派遣や英語教育について私の考え

投稿日:2020年2月5日 更新日:

 中学生の海外派遣と英語教育についての私の考えを記事にします。私は中学生の海外派遣について継続していくべきと考えています。それは英語教育、とりわけ英会話教育と関連づけて考えているからです。
 飛島学園はこれまで特区制度で英語教育に取り組んできましたが、更に英会話に関してレベルの向上を目指すべきだと思っています。国際化に対応できる人材を育成するためには、子どもの頃から英会話や外人に親しむ機会を増やし、簡単な日常英会話なら話すことできる子どもに育てることが必要です。そして中学2年生(8年生)の海外派遣の際に、その成果を確認する機会として「自分のことば」で、「自分の英語」で現地のアメリカ人と会話をし、コミュニケーションを図ってほしいと思っています。そのことで海外派遣事業が中学生にとって、より有意義な事業になると期待しています。
#飛島村
#教育

-意見・主張

Copyright© 加藤光彦の政治活動報告「とびっくす」 , 2022 All Rights Reserved.