会議

防災講演会

投稿日:

10月6日、防災講演会があった。

講師は名古屋大学大学院の准教授 護(もり)雅史氏と川崎浩司氏。

東日本大震災以降、防災についての関心が高まっていることを裏付けるかのように
出席者が多かったように思えた。

両氏の講演は地震のメカニズム、液状化、津波について等、興味深い内容であった。

飛島村は海抜ゼロメーター地域であり、埋立地であり、海に面しているという地震に対して
不利な条件が重なっている。

それだけに震災対策も複合的な対策が求められる。当然、莫大な費用がもかかることも
予想される。

今日の講演では具体的な震災対策については明言されなかった。
両氏は災害予測はシュミレーションできるが、対策については自治体で検討してほしいと
いうことなのか。

いずれにしても最終決断は首長に委ねられることになる。
村長には標準的な防災対策ではなく、飛島村に合った有効な震災対策の執行を期待したい。

-会議

Copyright© 加藤光彦の政治活動報告「とびっくす」 , 2020 All Rights Reserved.